中国産バイクはどうなのか

中国産のバイクCBF125Rに乗っている私が並行輸入車のメリットデメリットをお伝えしたいと考えています。購入を悩んでいる方の参考になればと思います。

なぜ並行輸入車を購入したのか

まず私が中国のバイクCBF125Rを購入した理由を述べ程と思います。私はバイクを通勤通学用に購入を考えていました。しかし如何せん金欠ということもあり、極力費用を抑えたいと考えました。まず悩んだのは125CCと250CCのどちらにするかです。ほしいバイクは250CCだったのですが、あまり高速道路を利用しての遠出をするイメージが沸かなかったので、125CCに決めました。小型のほうが維持費も安くなるので、、、。バイクを中古で買うのが一番安く乗れるとは思いましたが、バイクについての知識があまりないことが不安でしたので、新車を購入することにしました。やはり中古のバイクは安いが故障しやすいと思います。自分で治すことも楽しみの一つではありますが、結果的に安い新車買ったほうが安かったなんて話も聞くので新車にしました。そのなかでも国内で流通している車種よりも国内で流通していないバイクのほうが安いことを知りCBF125Rを購入することに決めました。

中国バイクは性能が悪い?

バイク購入前に気になることと言えば、中国産だからすぐ壊れてしまうのではないかという点だと思います。まだ300kmも走っていないので壊れやすさについては何とも言えませんが、初回の点検の際は何の不具合もありませんでした。さすがにすぐに壊れるような事例があった場合はそのうわさが流れていてもおかしくないと思います。ネットで調べてもすぐに壊れたなど見なかったのでその点は安心だと思います。また、ギアが何速に入っているかの情報がずれることがあるとネットで見たことがありましたが、今のところ一度もそのようなことは起きたことがありません。CBF125Rは何速に入っているのか見ることが出来るので、バイク初心者の私にはとても乗りやすく感じています。

部品の入手が大変

並行輸入車は部品も国内には流通していません。なので購入したお店で頼んだり、自分で海外から取り寄せたりする必要があります。これは並行輸入車を買った人の宿命でもあります。バイク自体を安く購入している分ここは妥協するしかないと思います。しかし、カスタムをあまりする気が無い方は並行輸入車がお勧めかもしれません。故障した際は修理までに時間が掛かってしまうことがあるそうですが、、、。

安っぽい?

車体本体価格が安い分外見も安っぽいのかと思われがちですが、そんなことはないです。車種によっては中国語ででかでかと新大州本田と書かれたステッカーが貼ってあり、安っぽい車種もありますが、お店の人曰く、多くの方がそのステッカーをはがしているそうです。ステッカーを剝がしてしまえば、中国のバイクかなんて分からないので外見面は問題ないと言えます。

通勤通学でバイクを探している方には125CCのバイクが大変おすすめだと私は考えています。極力費用を抑えたい方は、その中でも並行輸入車を検討してみるのもよいと思います。