CBF125Rにリアキャリア&リアボックス付けてみた





前回のブログにもあったように、今回はCBF125Rにリアキャリアとリアボックスを取り付けたので、そのことについてまとめたいと思います。

このブログを見ている人は、CBF125Rに乗っていたり、これから納車を考えている人が大半だと思います。中国からの並行輸入車ならではのパーツの手に入れにくさなど、このブログを参考にしていただければと思います。

リアキャリアを買う

まずCBF125Rがどのようなバイクかというと簡単に言えば、中国のHONDAのバイクになりHONDAはHONDAなのですが国内での販売は通常はしておらず、HONDAのお店にもっていっても見てくれないそうです。となると困るのがパーツが入手が難しいということです。私はCBF125Rを納車決めた当初は、ボックスなども付ける予定がなく、もし故障した場合は購入したお店でパーツを仕入れてくれると聞いていたので、それでいいやと考えていたのですが実際に乗り始めると、ヘルメット管理で悩むことが増えました。当初は鍵付きのカラビナでタンデムステップ付近にヘルメットを付けていたのですが、ネットでいろいろ調べると首のひもやD環を切って盗まれることがあると知り、心配性の私はリアボックスを取り付けすることに決めました。

しかし、納車した店に聞いても仕入れはできないとのこと、、、

ネットで他のCBF125Rに乗っている方をみても、中国のネット通販みたいなタオバオから自力で取り寄せていたりしており、私にはとてもハードルが高かったです。しかしたくさん探していると国内で売っている店があるということが分かりました。エナジーモータースタイルというバイクショップでは取り扱いをしているらしく、購入することが出来ました。ヤフオクでCBF125R リアキャリアで検索すると出てくるのですが、そのお店が出品しているようです。

いざ取り付け開始!

まず購入したリアキャリアです。

バイクをいじるのは初めてなので出来るか不安でしたが簡単につけることが出来ました。

最初に元からついているタンデムバーを外します。これはシートを外しボルトを外し、この上の写真のリアキャリアを付けるだけです。

この画像のように上はタンデムバーを外した状態です。下はついたままです。これを両方外しリアキャリアを取り付けるだけです。

取り付けるとこのような感じになりました。この丸穴の部分でもう一つのパーツとネジでくっつけたらリアキャリアは完成です。写真撮ったのですが、素材がゆえに反射がすごかったのでなしで(笑)

リアボックスを取り付けるためにリアキャリアにベースプレートを取り付けます。

このプレートとリアキャリアのネジの位置が最初に取り付けた位置だ合わず、つけなおしてこの場所に落ち着きました。この取り付けプレートが車体と真っすぐになっていないと、外見が損なわれるだけでなく、外れやすくなってしまう可能性があるため、真っすぐになるように調整する必要があると思います。

ここまで取り付け終われば後はほとんど終わりです。このプレートに蓋のようなものを付け、その上に箱を乗せて付属のネジで止めます。すると完成しました!

今回私が取り付けたリアボックスはモトボワットBBの29Lサイズのものです。BB29N-2という品番っぽいです。これは、アマゾンで4000円程度で購入しました。ヘルメットはフルフェイスのLサイズですがちょうどよいサイズです。ほかのメーカーと比べかなり安いので不安でしたが、問題点と言えば取り付けの説明書が付属していないことですね(笑)初めての取り付けだったので少しネジのパーツの順番などに悩みましたが、無事に取り付け出来たので良かったです!

あとはプレートとボックスをつなぐのが付属のネジ1つでつないでいるので心もとないというのが正直な感想ですが、かなり安いこととものを出し入れする際に簡単に締め直しすることが出来るので問題はないと思います。かなり緩みやすそうだったら自分で穴をあけて、ボルトで止めちゃおうかなと考えています。